人気の輸入住宅の特徴を知るメリット

輸入住宅は北米風や北欧風など地域の文化や生活習慣をマイホームで体験でき、あこがれを持ってレイアウトや間取りを決めると個性を出せます。輸入住宅のマイホームは価格が高くて失敗をしないように決めたいもので、輸入資材を使う際には安くなるタイミングを知ると建築費を減らせて便利です。家は家族で住めるようにレイアウトや間取りを決め、家具の選び方などにこだわると愛着を持てます。

海外の家は現地の気候に合わせて素材を選び、木材を使うと風通しが良くなることやレンガを使うとおしゃれになるものです。輸入住宅は国内の建売住宅とは違った独特の世界観を味わえ、興味を持って決めると来客や親戚などを自宅に招待してアピールできます。

人気の輸入住宅の特徴を知るメリットはおしゃれな家を選ぶきっかけになり、生活の拠点として愛着を持って暮らせるようにすると効果的です。マイホームは人生を幸せに過ごすためには重要な役割を担い、家族が満足できるようにレイアウトやデザインなどを決めるとゆったりくつろげます。

北欧住宅を和洋折衷にアレンジしました

私の住む豊田市で多く建てられている注文住宅も人気ですが、なんといっても輸入住宅の良さは、デザインと材質の「あたたかみ」ではないかと思います。
例えば、木をふんだんに使った窓枠や、独特の風合いをもつ木製の床材。天井はパインだったりと、日本ではプラスチックや合成樹脂を使うところを、本物の木を使っているものも多くみられます。多くの人は、この本物のもつ「あたたかみ」に惹かれているのではないかと思います。
ただし、輸入住宅は北米だったり北欧だったりの気候に準じて作られているものです。
日本の風土にそのままのスペックで建てるのはどうかと思います。たとえば、日本の夏は湿度が高く、輸入住宅の売りである木部は水にさらされると早く傷みます。浴室内側の窓に木枠をつけているお宅を知っていますが、メンテナンスに非常に気を使っているそうです。そうなると、多忙な人には向かない家になると思います。
一方で、気密性に優れ、防音性にも優れたトリプルサッシは、意匠的にも機能的にもすばらしいと思います。輸入住宅では上げ下げ窓や観音開き窓が主流で、日本のような引き違い窓はあまり使われていません。そのおかげで気密性が高く隙間風も入りにくいのです。寒がりさんや暑がりさんには、ありがたい装備の一つだと思います。
私の家は北欧と日本の和洋折衷です。どんなに北欧部材に憧れても、日本の気候に合わせたり、自分たちの使い勝手を優先すると、あまりにスペックの高いものや、メンテナンスの必要なものは取り入れることができませんでした。例えば外壁は日本製のサイディングにして、10年間はメンテいらずです。住み心地を考えると、100%輸入部材とデザインで通せる人ばかりではないと思います。
そんな我が家のすぐそばに、正真正銘の北欧住宅が立ちました。本物はやはりオーラが違います。しかし、外壁スプルース素材は築3年ほどで色あせが目立ち始めました。本物は朽ちていく姿さえも美しいですが、朽ち果ててしまう前にメンテナンスが・・・と思うと、やはり私には100%の輸入住宅は難しいのかもしれません。

欧風の住宅が注目されている要因

マイホームは家族が安心して暮らせるように建てたいもので、今までとは違った雰囲気を出せるように選ぶと愛着を持てます。欧風の住宅は現地の独特な雰囲気を肌で感じやすく、家具などにこだわって住みやすい環境を作ると格別です。最近ではイケアなど欧風家具などを販売する店舗が増え、身近に商品を選べるようになって注目されています。

欧風の住宅は自然豊かな環境の中でデザイナーが考案し、ハウスメーカーの中でも人気のジャンルとして定着しています。マイホームは注文住宅だと価格が高くて失敗をしないように決めたいもので、欧風にするとインパクトがあるため周囲から目立ちやすくて効果的です。

欧風の住宅が注目されている要因は見栄えが良くて個性的なためで、多くのレストランや施設などでも用いられているためあこがれを持って決めると良いものです。住宅物件は生活のスタイルに合わせて間取りを決め、普段とは違った雰囲気を味わえるようにデザインを決めると満足できます。

輸入住宅は広いので開放感を感じる

日本の住宅を思った時、こじんまりとした印象を持つことがあります。どの家も、だいたい同じような広さがあるのです。そのことは、建築方法などの関係からそのようになっているのでしょうか。もっと、映画に出てくるような広い家がいいと思うこともありますね。外国映画に出てくる家は、どの家も日本の住宅と比べるとはるかに広さを感じることができます。

 

その時、自分の家も広い部屋がいいと思うのです。そんな時、豊田市にある輸入住宅の展示場を見ることができました。その時の感動は、今でも忘れることはできません。その広さに圧倒されたのです。
こんな家に住む事が出来たら、日々のストレスも解消されるのではないかと思います。毎日の生活の中で、疲れて自宅に帰る時に玄関から開放感のある素敵な空間を感じることができると、一気にストレスが軽減します。

 

そしてリビングに入ると、更に素敵なひろさを感じてリラックス出来るのです。欧米人がおおらかなのは、そんなところからも吸収されていると思うことがあります。

海外赴任で、日本の良さを再発見

私は今から10年前、イギリスのロンドンへの赴任を命じられ、その後4年間、家族と共にロンドン市民として過ごしました。

住宅は会社から提示された候補の中から選び、一部住宅手当が出るのですが、ロンドンの家賃ははっきり言って東京より高いです。

大体1.5倍ぐらいの感触を持ちました。いくらかの実費負担はしなければなりません。ロンドン、ヨーロッパ全体に言えることですが、あまり新築というものがなく、昔からの家にリフォームを重ね、次に住む人に受け次いでいくというスタイルです。

家賃が高くとも古い、というのが一般的です。私達が苦労したのが、水回りです。日本のように当然のごとく、勢いのあるお湯がすぐに出ると思っていたのですが、ジョボジョボと弱々しい水がやっと出てくるといった感じで、水がお湯に変わるまで時間が掛かります。

トイレも頻繁に流さないとすぐにつまります。水道水は土地が石灰が主なためか、そのままでは飲めません。日本は本当に水道事情に恵まれていると思います。良い点があるとすれば、建物の古さを活かして、中古の味のあるインテリアを飾れるところでしょうか?

イギリスはこのアンティーク家具の市場が活発です。部屋や照明は比較的どこも自分なりにカスタマイズできるので、自分のこだわりを反映できます。

日本の方にあまり知られていないのですが、ロンドンは意外と自然豊かです。私達の借りていた家の庭にも狐の親子が度々遊びにきました。

水回りの不便の我慢、ある程度のお金さえあれば、オシャレに優雅に住めるのがロンドンです。

PR|豊田市で新築する信頼の輸入住宅