海外の住宅を日本に輸入して住む

海外の住宅を日本に輸入して住むという方法がありますが、これにはメリットデメリットがあるといえるでしょう。

まず、海外の住宅を日本に輸入する場合、オリジナリティのある家を作ることが出来るというメリットがあります。海外の住宅は、日本の住宅とデザインや、カラーも違い、北欧住宅などの住宅はとても洗練されていて、人気です。このことから友達にも自慢できますし、個性的な家を作ることが可能となっています。

しかし、デメリットもあると思います。海外の住宅は、日本の住宅のようにアフターフォローやメンテナンスがしっかりとしていない場合があると思います。たとえば海外の住宅の場合、特殊なので、リフォームなどに対応をしていなかったり、修理などになると、困ってしまうこともあるのではないかと思います。日本のハウスメーカーのように、スピーディーに対応をしてくれるのかどうかも分かりませんので、このあたりも輸入住宅を建てるデメリットではないかと思います。