こだわりの注文住宅は金銭的に実現不可能

注文住宅で一戸建てマイホームを建てるにあたって、こだわりはいっぱいありましたよ。そりゃあもう、細部にいたるまで「ここはこうして、あっちはこうしてー」といったようなドリームを描いていたものです。

そしてもちろん、漠然としたイメージだけではなくって、いざ注文住宅で一戸建てマイホームを建てることとなった際には、資料だって一通り用意したものです。工務店にいる設計士さんに、私たちの理想の家をより明確に伝えられるようにと。工務店にいる設計士さんと、「私たちの建てたい家のイメージ」をしっかりと共有できるようにと、たっぷりと資料を用意したものです。

しかし私たちの「マイホームへのこだわり」は、金銭的な問題にてあっさりと打ち砕かれました。いや、木っ端微塵に打ち砕かれたというわけではないのですけど、予算の関係上泣く泣く諦めた箇所はなかなか多いものですから。

注文住宅での家づくりは確かに自由度が高くて楽しくはあるのですけれど、しかし結局最後は「お金」で決まっていくということを悲しいかな実感しましたね。まあ豊田市内に建てた今のアメリカン住宅に満足はしていますけれど。