高齢者が住むのに最適。輸入住宅や注文住宅。

同居している両親が高齢になり家の建て替えを検討し始めました。どのハウスメーカーで家を建てようかと話し合いを始めた矢先に以前から脚を患っていた母が車いすの生活を余儀なくされてしまいました。管理人が常駐するマンションや将来のメンテナンスも考えるとマンションも選択肢の一つと考えていました。しかし、高齢の両親しかも車いすでの母の生活です。マンションや建て売りの購入は考えにくくなってしまいました。選べるとしたら、輸入住宅や注文住宅です。

輸入住宅とバリアフリーがつながらない方も多いかもしれませんが、実は輸入住宅は、一つ一つの部屋が広く間仕切りの少ない設計ができるため、車椅子での移動にも向いています。

輸入住宅は上質で、設計次第では和風の内装も実現できるので、高齢者にもいいでしょう。

私たちは、車いすでの生活と将来の事も考えて注文で家を建てることにしました。

ハウスメーカーを決めるポイントは、車いすの使用を考えた設計の自由度でした。省エネ住宅も念頭にハウスメーカーを決定しました。ハウスメーカーの提案で極力廊下は造らず部屋同士の仕切は引き戸にしました。引き戸も一カ所に重なるように開閉が出来て収納が可能な物を選んだお陰で車いすでの移動が大変便利です。

注文で家を建てたメリットは浴室や洗面、台所にもあります。水回りの全てを車いす対応の設備を取り入れる事が出来た事です。車いすの生活ですが元気な母は、車いすで家事をこなしています。少し贅沢だとは思いましたが、家庭用のエレベーターも付けました。車いすでベランダに出ることも可能です。母が一人で家に居ても母が不自由に思うことは無いと喜んで生活をしています。

輸入住宅の場合でも、自由設計できるタイプはあります。担当の人と沢山話し合って、理想の家を目指すことができるのは輸入住宅のメリットです。

高齢の両親をメインに考えた注文住宅なので採光と風通し、風合いも重要視して欲しいとハウスメーカーに希望しました。設計図が完成した後もこちらの希望を何度か申し入れ改良を重ねながらの間取り作りでした。ハウスメーカーの担当者の方は、一生のうちに何度も出来る建て替えでは無いからと快く付き合ってくれました。

間取りも設備も申し分のない家が完成しました。予算とスペースの関係で玄関にシューズクロークは付けられませんでしたが、シューズクローク[土間収納]を無理をしてでも付けるべきだったと後悔しています。車いすで生活をする母にとってもハウスメーカーの担当者に勧められた土間収納は有った方が良い必要なアイテムでした。

輸入住宅を建てるときも、予算の都合で削らなければ行けない部分が出てくることがありますが、後悔しないように、本当に削ってしまっても良いのか、長い目で見て決めることをおすすめします。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|貯蓄|初値予想|ショッピングカート|サプリメント|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|オーディオ|童話|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|