輸入住宅、北米北欧風

日本の住宅と比べて不便だった点、住みにくかった点などを上げますと日本より若干広い分掃除するところが多くなるところです。でも掃除作業自体はしやすいです。

日本の住宅と比べてよかった点は、さっぱりとして無駄がなく、空間を広く見せてくれるところです。そして欧米式の家は畳の和室と比べて汚れにくく、非常に機能的です。機能というのは内部の気温が和風の家よりうまく保たれやすいという点です。冬は以前住んでいた日本式の家よりも温かく、夏は涼しいです。それに何だか開放的な気分になれるのも良いです。オシャレでどちらかと言いますと、お年寄りよりも若い方に好まれる感じです。でももちろん祖父や祖母も喜んで一緒に住んでいます。特に使いにくいということはないみたいで、最初は多少のとまどいはあったものの、慣れていきますとこっちの方が便利だという意見に変わって行きました。

ただ、こういった輸入住宅は坪売りしているようなところがほとんどですので高くつくのは痛いです。

広い庭のある一戸建ては豪華な雰囲気になる

私は賃貸住宅で暮らしていた時期が長かったのですが、転職を機に愛知県に注文住宅を建てる決意をしました。新築を建てる計画を考えるために家族と何日間も話し合いました。私が一戸建てを建てることにした場所は、物価が低かったので費用を抑えることができてよかったです。私が一戸建てでしたかったことは庭で子供やペットと遊ぶことです。そのため、なるべく広い庭がある一戸建てになるようにデザインをしました。庭を広くしたことで部屋の面積が少し小さくなってしまったのですが、どうしても広い庭が欲しかったので後悔は無かったです。広い庭にすると手入れが大変になるのですが、立派な雰囲気の一戸建てにするためには庭が広い方がいいと思います。私は自慢の庭をじっくり眺めることができるように大きな窓のあるリビングを造りました。リビングはゲストを招く時に利用する部屋なので特にこだわってデザインを考えました。内装が素晴らしいリビングになったので気持ちよく過ごせています。

一戸建ての外構をコンクリート敷きにせず…

自分たちの愛知県に注文住宅で建てた一戸建て住宅で後悔していることはと言えば、やっぱり「外構」です。「全面コンクリート敷きにすればよかったー」と、激しく後悔しています。なぜなら、うちの駐車場及び庭の雑草がひどいからです。

一戸建てマイホームを新築した当時は、草なんてほとんど生えていませんでした。しかし半年も建てば、雑草が生えて見事なまでに緑の庭となりました。当初は土色だったのに。

本当に「どこからやってきたのー」と叫びたくなるぐらいに、あっという間に雑草が生えてそして広がって行くのですよね。そして横にも縦にも伸び放題になってしまうという…。

ですから今では夏場は2~3回ほどは、草刈機を使って草刈りをしています。外構作りにかかる費用が15万円(いや、トータル30万円いくかも)ぐらいだとして、草刈機は草刈機を稼働させるために必要な用具を合わせても2万円ほどでしたから、草刈りをした方が安上がりだーと考えての行動なのですが、しかし今でも思いますよ。夏場の草刈りの労力を考えたら、「コンクリート敷きにした方がお得なのかも」と。

南欧調の住宅について

豊田市に輸入住宅で家を建てようと思いましたが、妻の趣味はシンプルモダンな家で、私の趣味は南欧のナチュラルな家。
夫婦の思い描くマイホームのベクトルは全く逆を向いておりましたが、優しい妻は自分のベクトルの向きを変えてくれました。

南欧と言うと三角屋根だったり、外壁は塗りかべだったりするのだけれど、予算や住み心地等考慮して「できるだけ」という許容範囲を設けました。
私たちは北海道なので屋根の雪下ろしの心配がいらない四角い家が理想なのと、予算の関係から塗り壁は却下しました。でも、窓は格子が付いていて、部分的にですがレンガ模様の外壁をつけ、四葉のクローバーの妻飾りを付けました。

建てた場所は20区画ほど分譲しているところの1区画なのですが、他の住宅はほぼシンプルモダンな家。
南欧の家なんて、我が家だけの自慢です。

3階建てでリビングが2階、1階はインナーガレージの南欧の家はこの区画内では我が家だけで、周りからも一目置かれる素敵なお家になりました。

人気の輸入住宅の特徴を知るメリット

輸入住宅は北米風や北欧風など地域の文化や生活習慣をマイホームで体験でき、あこがれを持ってレイアウトや間取りを決めると個性を出せます。輸入住宅のマイホームは価格が高くて失敗をしないように決めたいもので、輸入資材を使う際には安くなるタイミングを知ると建築費を減らせて便利です。家は家族で住めるようにレイアウトや間取りを決め、家具の選び方などにこだわると愛着を持てます。

海外の家は現地の気候に合わせて素材を選び、木材を使うと風通しが良くなることやレンガを使うとおしゃれになるものです。輸入住宅は国内の建売住宅とは違った独特の世界観を味わえ、興味を持って決めると来客や親戚などを自宅に招待してアピールできます。

人気の輸入住宅の特徴を知るメリットはおしゃれな家を選ぶきっかけになり、生活の拠点として愛着を持って暮らせるようにすると効果的です。マイホームは人生を幸せに過ごすためには重要な役割を担い、家族が満足できるようにレイアウトやデザインなどを決めるとゆったりくつろげます。

北欧住宅を和洋折衷にアレンジしました

私の住む豊田市で多く建てられている注文住宅も人気ですが、なんといっても輸入住宅の良さは、デザインと材質の「あたたかみ」ではないかと思います。
例えば、木をふんだんに使った窓枠や、独特の風合いをもつ木製の床材。天井はパインだったりと、日本ではプラスチックや合成樹脂を使うところを、本物の木を使っているものも多くみられます。多くの人は、この本物のもつ「あたたかみ」に惹かれているのではないかと思います。
ただし、輸入住宅は北米だったり北欧だったりの気候に準じて作られているものです。
日本の風土にそのままのスペックで建てるのはどうかと思います。たとえば、日本の夏は湿度が高く、輸入住宅の売りである木部は水にさらされると早く傷みます。浴室内側の窓に木枠をつけているお宅を知っていますが、メンテナンスに非常に気を使っているそうです。そうなると、多忙な人には向かない家になると思います。
一方で、気密性に優れ、防音性にも優れたトリプルサッシは、意匠的にも機能的にもすばらしいと思います。輸入住宅では上げ下げ窓や観音開き窓が主流で、日本のような引き違い窓はあまり使われていません。そのおかげで気密性が高く隙間風も入りにくいのです。寒がりさんや暑がりさんには、ありがたい装備の一つだと思います。
私の家は北欧と日本の和洋折衷です。どんなに北欧部材に憧れても、日本の気候に合わせたり、自分たちの使い勝手を優先すると、あまりにスペックの高いものや、メンテナンスの必要なものは取り入れることができませんでした。例えば外壁は日本製のサイディングにして、10年間はメンテいらずです。住み心地を考えると、100%輸入部材とデザインで通せる人ばかりではないと思います。
そんな我が家のすぐそばに、正真正銘の北欧住宅が立ちました。本物はやはりオーラが違います。しかし、外壁スプルース素材は築3年ほどで色あせが目立ち始めました。本物は朽ちていく姿さえも美しいですが、朽ち果ててしまう前にメンテナンスが・・・と思うと、やはり私には100%の輸入住宅は難しいのかもしれません。

リビングに子供の学習スペース!

リビング学習を考えていたので、岡崎市で注文住宅のマイホームを造る際には、建築士の方にリビングは開放感があって、子供の学習机を置きたいので、間取りや配置などジックリ相談してから住宅造りに取り組んでもらいました!やはり、リビング学習では、テーブル・テレビ・ソファー・学習机の配置はとても難しいようで、あと窓や庭、日差しの入り具合なども考慮して、色々と相談にのってもらうことができました。様々な空間を考慮して、リビング学習を取り入れたので、とても広々とした勉強空間になっているので、開放感がありますし、快適な勉強する部屋になりました。リビングの壁を上手に活用して、収納スペースも取り入れたので、本棚になりました。なので、本を壁に作った本棚から手軽に取ることができますし、かなり収納が充実しているので、リビングも広くなり、開放感があって気持ち良いです。家族が集まるスペースとして、リビングは重要なので家族にとって快適な状態になっています。

欧風の住宅が注目されている要因

マイホームは家族が安心して暮らせるように建てたいもので、今までとは違った雰囲気を出せるように選ぶと愛着を持てます。欧風の住宅は現地の独特な雰囲気を肌で感じやすく、家具などにこだわって住みやすい環境を作ると格別です。最近ではイケアなど欧風家具などを販売する店舗が増え、身近に商品を選べるようになって注目されています。

欧風の住宅は自然豊かな環境の中でデザイナーが考案し、ハウスメーカーの中でも人気のジャンルとして定着しています。マイホームは注文住宅だと価格が高くて失敗をしないように決めたいもので、欧風にするとインパクトがあるため周囲から目立ちやすくて効果的です。

欧風の住宅が注目されている要因は見栄えが良くて個性的なためで、多くのレストランや施設などでも用いられているためあこがれを持って決めると良いものです。住宅物件は生活のスタイルに合わせて間取りを決め、普段とは違った雰囲気を味わえるようにデザインを決めると満足できます。

新築にデッドスペースを作りすぎた

私達が愛知県に建てた注文住宅のマイホームの失敗したところは、デッドスペースを作ってしまったことだと思います。トイレの近くに設けた部屋は、近くに住む一人暮らしの祖母が一人で生活するのが大変になった時のために作りました。ここは物置になっていますし、将来使うこともあるという目的で作ったのでまあ良しとします。
問題は、ロフトと2回のリビング、そしてサンルームです。ロフトは未だに引っ越しの際の段ボールが残っており、有効活用できたらいいなと思うだけでただの収納スペースとなりました。まあそれはそれでものが置けるだけ良いと考えられますかね。
リビングは、最初に古いテレビを置いておいたのですが、皆結局は1階のリビングを使うことから撤去されました。今は広い廊下という感じで、部屋干しとして使う場所へと変貌しました。
サンルームは、ただの太陽が当たる物置場ですね。ここが一番使えないかもしれません。でも、場所があればちゃんと物置きになるくらいには物が多いんだなと確認できました。

家の床がダメと思うと新築を決断!

私の両親は、ずいぶん前に岡崎市で新築注文住宅を建てました。ずいぶん前といっても数年なので新しいです。できるだけ貯金をして、新し家を建てたいと思っていてもそのことについて、今ひとつ決断をすることができなかったのです。

 

そんな時、これはもう限界と感じたことがありました。それはなんといっても、床がダメと思うことがあったのです。その一つに、歩くたびにギシギシとすごい音がするのです。そのことは、私もとても気になっていました。その音を聞くと、いつかは床が抜けてしまうのではないかという、そんな不安もあったのです。そのため、両親もその時にもう限界と感じるようになったのです。

 

新築した家は、床のことを気にすることなく歩くことができます。以前は、気になるのでゆっくりと歩くようになっていたのです。今ではすっかりと気持ちよくなり、堂々と歩くことが出来ています。地震のことを思うと、頑丈な家つくりをしたことは本当に良かったと思っています。