広い庭のある一戸建ては豪華な雰囲気になる

私は賃貸住宅で暮らしていた時期が長かったのですが、転職を機に愛知県に注文住宅を建てる決意をしました。新築を建てる計画を考えるために家族と何日間も話し合いました。私が一戸建てを建てることにした場所は、物価が低かったので費用を抑えることができてよかったです。私が一戸建てでしたかったことは庭で子供やペットと遊ぶことです。そのため、なるべく広い庭がある一戸建てになるようにデザインをしました。庭を広くしたことで部屋の面積が少し小さくなってしまったのですが、どうしても広い庭が欲しかったので後悔は無かったです。広い庭にすると手入れが大変になるのですが、立派な雰囲気の一戸建てにするためには庭が広い方がいいと思います。私は自慢の庭をじっくり眺めることができるように大きな窓のあるリビングを造りました。リビングはゲストを招く時に利用する部屋なので特にこだわってデザインを考えました。内装が素晴らしいリビングになったので気持ちよく過ごせています。

一戸建ての外構をコンクリート敷きにせず…

自分たちの愛知県に注文住宅で建てた一戸建て住宅で後悔していることはと言えば、やっぱり「外構」です。「全面コンクリート敷きにすればよかったー」と、激しく後悔しています。なぜなら、うちの駐車場及び庭の雑草がひどいからです。

一戸建てマイホームを新築した当時は、草なんてほとんど生えていませんでした。しかし半年も建てば、雑草が生えて見事なまでに緑の庭となりました。当初は土色だったのに。

本当に「どこからやってきたのー」と叫びたくなるぐらいに、あっという間に雑草が生えてそして広がって行くのですよね。そして横にも縦にも伸び放題になってしまうという…。

ですから今では夏場は2~3回ほどは、草刈機を使って草刈りをしています。外構作りにかかる費用が15万円(いや、トータル30万円いくかも)ぐらいだとして、草刈機は草刈機を稼働させるために必要な用具を合わせても2万円ほどでしたから、草刈りをした方が安上がりだーと考えての行動なのですが、しかし今でも思いますよ。夏場の草刈りの労力を考えたら、「コンクリート敷きにした方がお得なのかも」と。