新築にデッドスペースを作りすぎた

私達が愛知県に建てた注文住宅のマイホームの失敗したところは、デッドスペースを作ってしまったことだと思います。トイレの近くに設けた部屋は、近くに住む一人暮らしの祖母が一人で生活するのが大変になった時のために作りました。ここは物置になっていますし、将来使うこともあるという目的で作ったのでまあ良しとします。
問題は、ロフトと2回のリビング、そしてサンルームです。ロフトは未だに引っ越しの際の段ボールが残っており、有効活用できたらいいなと思うだけでただの収納スペースとなりました。まあそれはそれでものが置けるだけ良いと考えられますかね。
リビングは、最初に古いテレビを置いておいたのですが、皆結局は1階のリビングを使うことから撤去されました。今は広い廊下という感じで、部屋干しとして使う場所へと変貌しました。
サンルームは、ただの太陽が当たる物置場ですね。ここが一番使えないかもしれません。でも、場所があればちゃんと物置きになるくらいには物が多いんだなと確認できました。

家の床がダメと思うと新築を決断!

私の両親は、ずいぶん前に岡崎市で新築注文住宅を建てました。ずいぶん前といっても数年なので新しいです。できるだけ貯金をして、新し家を建てたいと思っていてもそのことについて、今ひとつ決断をすることができなかったのです。

 

そんな時、これはもう限界と感じたことがありました。それはなんといっても、床がダメと思うことがあったのです。その一つに、歩くたびにギシギシとすごい音がするのです。そのことは、私もとても気になっていました。その音を聞くと、いつかは床が抜けてしまうのではないかという、そんな不安もあったのです。そのため、両親もその時にもう限界と感じるようになったのです。

 

新築した家は、床のことを気にすることなく歩くことができます。以前は、気になるのでゆっくりと歩くようになっていたのです。今ではすっかりと気持ちよくなり、堂々と歩くことが出来ています。地震のことを思うと、頑丈な家つくりをしたことは本当に良かったと思っています。

私の家の自慢は便利なところにある事です

毎日の暮らしの中で、積み重なるととても不便と思うことがあります。それはちょっとしたことで、不便と思うことがあるのです。以前に住んでいたところは、そんな不便なところでした。市内から離れていたので、たくさんのことで困っていました。そのことがあったので、今度の新築を買う時には便利なところにしようと思っていました。
自宅の一番の自慢は、とても便利なところにあるということです。豊田市に注文住宅を建てる時に、そのことについて考えていました。病院が近くにある、学校も有る等です。そして住んでみると最も自慢なところとして、コンビニが目の前にある事です。これは最も、自慢できる点です。
住宅の自慢もありますが長年暮らしてきて、本当にここでよかったと心から思っています。24時間あいているコンビニがあると、気持ちが落ち着きます。もしも時に、直ぐに買い物に行けるからです。しかも子供たちにとっても安心出来る場所として考えることができます。

開放感のある一戸建てを建てるコツ

私は料理をするのが好きなので豊田市内に注文住宅を建てる際には台所を広くすることにしました。また、最新のシステムキッチンを取り入れました。やはり広いキッチンの方が料理をしていて楽しいです。

また、お風呂にじっくり入りたかったので、風呂場の広さにもこだわりました。広いお風呂に入ると仕事の疲れがしっかり取れるのでよかったです。ただ、お風呂を広くしたせいで廊下が狭くなってしまったのが誤算でした。

また、私は開放感のあるマイホームにすることも重視しました。そのため、窓を多くして外の光がしっかり入るように設計しました。ただ、窓を広くしたせいで大きなカーテンが必要になったので、コストが多くかかってしまいました。

窓を設置する場所はきちんと風通りを計算しました。その結果、外の気持ちのいい風がしっかり部屋の中まで入ってくるようになってよかったです。
吹き抜けにした方が解放感がさらに出ると思ったので、家の一部を吹き抜けにしました。

子供のために安全な家がいいと感じた

私が家つくりの時に思ったこととして、自分たちのことよりも、子供のことをやはり一番に考えていましたね。それは、なんといっても子供が一番大切だからです。そして、新しく愛知県内で注文住宅を建てたいと思うのも、子供のためなのです。多くの家が欲しいと思っている人は、そのように思っているのではないでしょうか。

子供のために、まず子供一人ひとりの部屋を作ってあげたいと感じました。それは。とても大切なことですね。子供だって、自分のプライベート空間が欲しいのです。その時、自分の部屋がないと感じたら、かわいそうと思ったのです。

また子供にとって、とても安心して暮らすことができる家ということです。デザイン住宅というと、とても素晴らしい空間演出がありますね。しかしその時、危ないと感じるようであればそれは子供の危険を考えて諦めます。もしものことがあったらと思うと、辛いのです。家はやっぱり、安心して暮らすことができる場所であることが一番と感じています。